遠隔監視 遠隔メンテナンス テレワーク リモートメンテナンス 業務管理 IoT スケジュール管理

DataMash®︎リモートメンテナンス

>

監視やメンテナンスもテレワークの時代へ!

価格構成

最小限のコストで遠隔メンテナンスシステムを提供します。

  • 初回構築費用:監視対象の機器や設備とデータターミナル間の通信部分の開発にかかる費用です。監視対象が同じであれば初回のみのコストです。
  • 導入費用:データターミナル本体などのハードウェアとクラウドの登録設定費用です。
  • 月額費用:クラウドサービスの利用料です。(1ユーザーアカウント、監視インターバル1分以上、監視項目5項目以内、概況画面のみのご利用であれば最小コストでご利用いただけます。)

ご提案

コンテンツ・機能紹介

ログイン画面

ユーザーごとにログイン認証を行います

ダッシュボード画面

管理・監視している機器や設備の状態をリストやマップで一覧視できます。
監視対象が複数の場合でも、異常の有無を1画面で把握することができます。

概況画面

機器や設備個別のその日の状態や観測値の推移を確認することができます。

データ画面

機器や設備においてデータ計測をしている場合、過去のデータとして、10分値、1時間値、日別値、月別値の集計データ推移をグラフと表で確認することができます。またデータのダウンロード機能もあり、CSV形式でご利用いただけます。

スケジュール管理画面

機器や設備の定期的あるいは臨時メンテナンスの予定をカレンダー形式で管理できます。作業記録画面とともにチームでの情報共有促進にお役立てください。

作業記録画面

日毎のメンテナンス作業や気づきなどを記録することができます。日報、日誌として利用でき、チームでの情報共有ツールとして活躍します。

アラート通知機能

機器や設備の状態や計測値が設定の条件に一致した場合、メールまたはSlackによる通知を行います。駆けつけや初動のトリガーとしてご利用ください。

リモートログイン

監視機器とデータターミナルがLANで接続されている場合には、データターミナルにSSHログインし、telnetなどのコマンド送信が行えます。監視だけではなく、遠隔でテストやアップデート、設定変更などが可能になります。

※データターミナルにグローバルIPを付与する必要はありません。
※データターミナルが設置されたネットワークセキュリティの状況によってはご利用いただけない場合もあります。

監視機器・設備との通信について

機器や設備の状態やデータ計測を行うためには、データターミナルと監視対象機器・設備との通信を確立させる必要があります。Modbusなどオープンになっているプロトコルを採用している機器もあれば、独自プロトコルが実装されているもの、通信インターフェース自体実装されていないものなど様々です。

弊社では多種多様なプロトコルに対応し、カスタマイズいたします。カスタマイズはデータターミナルの通信部分のみですので、最小限のコストでシステム構築ができます。

プランと利用料

導入モデル事例・コスト試算

※それぞれの事例に表示された価格は目安です。動作する環境や監視対象機器の状態、データ取得間隔や種類、ご利用ユーザーアカウント数などによって変動します。

※お打ち合わせや対向試験など極力リモートで行うご提案をさせていただきます。対面でのお打ち合わせや現地での試験が必要になるなどの場合はお客様にご相談の上、お見積をさせていただきますのでご了承ください。

事例1:自社工場製造ラインの稼働ステータスを監視したい!

概要:
既設の製造ラインのシーケンサーからModbusTCPにて1分ごとに稼働ステータスを取得し、異常状態になった場合はメールで担当者に通知します

 項目個数単価価格
初期費用データターミナル(LAN対応版)本体140,000円40,000円
固定金具、LANケーブルなど12,000円2,000円
プロトコル対応費1100,000円100,000円
クラウド設定費150,000円50,000円
合計192,000円
月額費用スタンダードプラン基本利用料11,000円1,000円
合計1,000円

事例2:顧客に納めた10台の地震計の遠隔監視および遠隔メンテナンスをしたい!

概要:
10分ごとに地震計のFTPサーバーに稼働ステータスファイルを取得し、重故障または軽故障状態の場合は担当者にメールで通知します。また、データターミナルへのリモートログインサービスを稼働させ、遠隔地から地震計にメンテナンスコマンドを送信できるようにします

 項目個数単価価格
初期費用データターミナル(LTE対応版)本体1070,000円700,000円
固定金具、LANケーブルなど102,000円20,000円
プロトコル対応費1100,000円100,000円
クラウド設定費(一括お申し込み特別価格)1020,000円200,000円
LTE回線開通手数料103,000円30,000
合計1,050,000円
月額費用スタンダードプラン基本利用料101,000円10,000円
リモートログインオプション利用料10500円5,000円
LTE回線利用料10500円5,000円
合計20,000円

事例3:太陽光発電の発電量およびパワーコンディショナーの稼働状態を監視したい!

概要:
1分ごとにパワーコンディショナーとRS485通信(メーカー独自プロトコル)し、発電量、電圧、電流、稼働ステータスを監視します。また、稼働ステータスが重故障状態の場合はSlackにプッシュします

 項目個数単価価格
初期費用データターミナル(LTE対応版)本体170,000円70,000円
固定金具、LANケーブルなど12,000円2,000円
プロトコル対応費1200,000円200,000円
クラウド設定費150,000円50,000円
LTE回線開通手数料13,000円3,000円
合計325,000円
月額費用ライトプラン基本利用料1600円600円
LTE回線利用料1500円500円
合計1,100円

事例4:実験チャンバー内の温湿度と廃液質量を監視したい!

概要:
温湿度センサーおよび通信機能付きの電子天秤を導入し、10分ごとにチャンバー内温度、湿度、廃液質量を監視します

 項目個数単価価格
初期費用データターミナル(LAN対応版)本体
AD変換オプション
160,000円60,000円
固定金具、LANケーブルなど12,000円2,000円
電子天秤137,000円37,000円
温湿度センサー15,000円5,000円
プロトコル対応費1200,000円200,000円
クラウド設定費150,000円50,000円
LTE回線開通手数料13,000円3,000円
合計357,000円
月額費用スタンダードプラン基本利用料11,000円1,000円
合計1,000円
フロムデータ株式会社
〒619-0237
京都府相楽郡精華町1-7
けいはんなプラザ ラボ棟10階
ソリューション
リモートメンテナンス
スマートファクトリー
地震検知
気象観測
雨量・水位監視
スマート農業
太陽光発電シミュレーション